貧血ランキング 1

知ろう。ふせごう。慢性腎臓病(CKD) 腎性貧血とは?

17人の医師が評価
4.06
pt

最新評価日 

facebookfacebookfacebookfacebook
画像:知ろう。ふせごう。慢性腎臓病(CKD)
評価対象のページへ行くopen_in_new

本サイトにおいて紹介されるウェブサイトの利用にあたっては、
お客様自身の責任と判断でご利用ください。

[ 評価対象サイト運営 : 協和発酵キリン株式会社 ]

項目別評価集計

「信頼できる情報もしくは情報源が記載されている」

94%
6%

「内容が一般の方にとってわかりやすい」

88%
12%

「医学的に間違いなく学会ガイドラインに沿っている」

88%
12%

「情報量が豊富である」

47%
53%

「広告表示時は、情報と混同しない表示がされている」

88%
12%

医師によるレビュー(6件)

国民病の一つとなりましたので

老人病院勤務ですが、今まで指摘されていなかった慢性腎臓病の方を大変よく見かけます。多くは高血圧や糖尿病を治療していなかったり、検診での異常を放置していた結果なので、こういう情報によって腎障害に対する注意を喚起することは大変良いと思います。

内科 50歳  男性

腎性貧血と他の貧血との違いに関して

 腎性貧血に関して機序や原因に関して詳細に記載されています。また「よく貧血は鉄を補給すればよいといわれますが、腎性貧血は鉄剤だけを補給しても改善しません。」と強調されている文章により貧血は鉄が足りないという鉄欠乏性貧血だけでないということを理解して頂ける内容になっているのでないかと思います。

内科 吉岡啓先生 39歳  男性

腎障害と貧血

腎機能障害と貧血の内容が的確に表現されておりいい内容と思いました。 医療者向けにはデータなど示してもいいのかなと思いました。 薬剤についてもコメントがあってもいいかなと思います。 早期の治療の重要性も合わせて伝えるべきです。

内科 61歳  男性

腎性貧血に特化した内容

記載されているのは腎性貧血に関する内容であり、一般的な貧血に関する記載ではないことに注意が必要である。内容自体は信頼できるものであり、情報量も比較的十分であるので、腎性貧血についてみたい場合には重宝する。

内科 58歳  男性

よくまとまっていて分かりやすい

知ろう。ふせごう。慢性腎臓病(CKD)、というサイトの、腎性貧血とは?、というページである。日本の製薬会社協和発酵キリンのページである。非常に簡潔にまとまっており、イラストも分かりやすく、理解は容易であるが、やや情報量に乏しい印象。医師が監修とされている。リファレンスはない。

内科 47歳  男性

かなり勉強になります

かなりの情報量で、一度にすべて目を通すのは大変ですが、ゆっくり勉強できる人にはとても丁寧なページになっていると思います。推算糸球体濾過量の簡易計算できるところも、一般の人にも分かりやすく興味深いものだと思いました。

内科 39歳  女性

貧血ランキング

1画像:知ろう。ふせごう。慢性腎臓病(CKD)

知ろう。ふせごう。慢性腎臓病(CKD)

腎性貧血とは?

延べ17人の医師が評価
4.06
2画像:国立がん研究センター がん情報サービス

国立がん研究センター がん情報サービス

貧血

延べ19人の医師が評価
4.05
3画像:タケダ健康サイト

タケダ健康サイト

貧血

延べ19人の医師が評価
3.84

疾患カテゴリ