狭心症ランキング 2

Wikipedia 狭心症

9人の医師が評価
4.22
pt

最新評価日 

facebookfacebookfacebookfacebook
画像:Wikipedia
評価対象のページへ行くopen_in_new

本サイトにおいて紹介されるウェブサイトの利用にあたっては、
お客様自身の責任と判断でご利用ください。

[ 評価対象サイト運営 : Wikipedia ]

項目別評価集計

「信頼できる情報もしくは情報源が記載されている」

100%
0%

「内容が一般の方にとってわかりやすい」

78%
22%

「医学的に間違いなく学会ガイドラインに沿っている」

89%
11%

「情報量が豊富である」

89%
11%

「広告表示時は、情報と混同しない表示がされている」

78%
22%

医師によるレビュー(8件)

狭心症

当該疾患の、病態生理、診断方法、治療が示されており、充分である。
また、診断方法については、新しい項目も記載されており、かなりレベルが高いものである。
さらには、画像を多用し、分かりやすいものを目指すべきであると考える。

内科 55歳  男性

狭心症

一般的な内容がわかりやすく、解説されている。カテーテル治療や疫学的な内容などについては記述不足の印象はあるが、内容もまとまっている。できれば、図面での説明があればより理解しやすいのではないかと思います。

内科 斎藤秀樹先生 54歳  男性

問題なし

とくに現状で大きな問題は感じられませんでした。このままの形態で十分に役に立つと思われますが、基礎となる知識はそれぞれの人で異なりますのでターゲットが広くなればそれだけ情報提示も難しくなると思われます。

内科 47歳  男性

狭心症

狭心症の病態とその分類について、血液検査、心電図、負荷試験やカテーテル検査など各種画像検査による診断方法、薬物治療からカテーテルによる治療まで治療方法、予後、危険因子についてかなり詳しく書いてありました。

内科 53歳  男性

内容評価

広告がなく正確な内容で時代別に詳しくかかれていると思います。エビデンスもある内容がほとんどで内容を調べるのに役に立つことが多いがほとんど文字のみなのでできれば写真図グラフなどを多く記載」してくださることを期待しています、

内科 56歳  男性

狭心症

狭心症の症状が簡潔にまとめられているが、分類や原因、検査、治療法などは専門的で一般の読者には理解しにくいと感じました。
しかし、注釈や引用文献リストが豊富で、クリックして確認できるシステムは有益な効果があり、一般読者には簡単便利に情報が得られるメリットを提供していると思います。

内科 56歳  男性

狭心症

ウイキペディアで、狭心症についての項目を読みました。医療関係者ではなく、一般患者の目線で読みました。全体的に大変詳しく記載されております。ややレベルが高く分かりにくいところがある、データの数値など、と非常に長いので、結局何を言いたいかわからなくなってしまうのとを かんじました。しかし医療関係者目線からみると詳しくて良いと思いました。

内科 65歳  女性

わりとわかりやすい解説

一般向けとしては比較的わかりやすい記載となっている。
専門家向けには情報量は少ないものの、概略については必要最低限の部分は記載されており、評価できる。
文字だけでなく、理解を深められるような図もあるとさらに充実したものになると思われる。

内科 40歳  男性

狭心症ランキング

1画像:公益財団法人 日本心臓財団

公益財団法人 日本心臓財団

狭心症 | 疾患別解説 | 心臓病の知識

5人の医師が評価
4.40
2画像:Wikipedia

Wikipedia

狭心症

9人の医師が評価
4.22
3画像:国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス

国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス

[34] 心筋梗塞、狭心症-その予防と治療 | 心臓 | 循環器病あれこれ

7人の医師が評価
4.14

疾患カテゴリ