乳がんランキング 3

東京ミッドタウンクリニック 乳がんとは

18人の医師が評価
4.28
pt

最新評価日 

facebookfacebookfacebookfacebook
画像:東京ミッドタウンクリニック
評価対象のページへ行くopen_in_new

本サイトにおいて紹介されるウェブサイトの利用にあたっては、
お客様自身の責任と判断でご利用ください。

[ 評価対象サイト運営 : 東京ミッドタウンクリニック ]

項目別評価集計

「信頼できる情報もしくは情報源が記載されている」

94%
6%

「内容が一般の方にとってわかりやすい」

78%
22%

「医学的に間違いなく学会ガイドラインに沿っている」

89%
11%

「情報量が豊富である」

78%
22%

「広告表示時は、情報と混同しない表示がされている」

89%
11%

医師によるレビュー(16件)

検査の内容などについて

検査のポイントなどがおさえてあって、自己検診の重要性や乳がんの人数のような疫学的な点でも幅広い記載があって、バランスが良いと思う。超音波などの最新の検査方法もおさえてありまとまりよく記載されている。出典も怪しげでなく問題ないがやや古い。

内科 32歳  男性

乳がんですか?

一般的な内容で、いわゆる読ませるページですね。動画がないのでほとんど見出ししか読まないと思います。ページのどこかに動くものや、見出しをクリックするとページが展開して詳しい内容が書いてあるようにしないと、文字数の多さで飛ばされると思います。

外科 53歳  男性

網羅的

一般的な知識を網羅的に記載されておりわかりやすい、まずはここで最低限の知識を得てからさらに興味があるところについて調べるような架け橋になっていると思われる、さらに最近話題の高脂肪乳房などについて触れられていると更に良いと思う

内科 34歳  男性

診療内容

記載されている診療内容は、比較的医療関係者以外の人にわかりやすいと思う。しかし、ややbusyなレイアウトである印象を受ける。もう少し、スペースやリンクを用いてゆったりとしたレイアウトの方が、見やすいと思う。

産婦人科 48歳  男性

乳がん検診の重要性

乳がんは壮年期女性の死亡原因の1位となっており日本では増加傾向にある。早期発見のために予防、定期検診が重要である。自分で行うことのできる自己検診が大切でそれに加えマンモグラフィや超音波検査等の受診が重要である。

内科 42歳  男性

20〜80歳の女性皆に読んでほしい

乳がんについての説明、乳がんの発生率、乳がん検診の方法などについてわかりやすく解説してある。
罹患率や発生率がグラフ化されていてわかりやすい。
ただ、検診の流れの図が、マンモグラフィーかエコーのどちらかだけ受ければよいと誤解させてしまう木がする。

産婦人科 47歳  女性

わかりやすかったです。

乳がんの成り立ち、疫学、診断法、マンモグラフィー、乳腺エコーについて、網羅的に記載されており、よくわかりやすいホームページと感じました。図が豊富にあり、医療の素人でも理解しやすいように、というホームページ作成者の意図が感じられました。

内科 42歳  男性

治療法

解剖は非常にわかりやすい、疫学については罹患率や患者数などはもっと簡潔でよいと思う、診断法は理解しやすいが簡潔すぎる、もう少しその検査の優劣や侵襲性にも触れたほうがよい、また解剖、疫学、診断と進んだならば一般的な治療法にも触れることが必要と考える。

産婦人科 69歳  男性

乳がんについて

乳がんの疫学(罹患数、死亡数)から検診・診断の進め方について、解りやすく説明されており、患者さんにそのまま伝えられる内容と評価します。現在、乳がんは女性のかかる癌のトップであり、女性の関心に十分に答えられる内容です。

産婦人科 61歳  男性

図表はシンプルでわかりやすい。

図表はカラフル、シンプルで見やすく、わかりやすいと思います。患者にとってはわかりやすいと思いますが、もう少し情報が多くても良いかもしれません。具体的には健診を受けることで、どれくらい癌を発見できるのか、がん死をどれくらい防ぐことができるのかなどの情報もあった方がよいのではないかと思います。

産婦人科 47歳  男性

分かりやすい、見やすい

掲載されているデータが豊富でしかも分かりやすく、信頼性の高い情報が多く盛り込まれているので、納得できる。また、イラストが見やすいことや、実際のマンモグラフィの画像例もイメージがつかみやすく良いと思う。

産婦人科 41歳  女性

乳癌の説明

一般の方にも図表など説明がわかりやすいと思います。検診ではマンモグラフィーや超音波検査をした方がいいと伝わってきます。また女性の死因が一位ということで検診を受けなければならないというのがわかります。カラーで説明してあるところもわかりやすいと思います。

産婦人科 47歳  女性

良く出来ている

分かり易く説明しています。
一般の方にも必要な情報が伝えられている。また、宣伝や物販に偏っている様子も無いようです。
特に、イラストや写真など視覚的なアプローチも効果的に用いて印象にも残り易くなっているようです。

産婦人科 55歳  男性

新しい治療

新しい治療法だと思われますが、最近このような治療がでて、患者に希望をあたえています。しかしながら、まだ歴史も浅いので、患者さんは、医師の説明を十分にうけ、納得してから受けてください。

内科 49歳  男性

啓発

啓発の意図は伝わってくる。病気の全体像については詳しく載っていないが、検診がどのようなものかを示すのが目的なのであれば、これで必要最低限の情報は得られる。あとは、病気の全体についてどのように説明していくか。

産婦人科 43歳  男性

早期発見のために

乳がんの早期発見には定期検診と自己検診が必要です。定期は年に一度、自己検診は月に一度(就寝前)が適当と思われます。Webページ上に自己検診のイラストをお願いします。また患者さんは乳がん検診に産婦人科に来られる方がまれにあります。乳腺外科に受診するPRも必要だと思われます。

産婦人科 72歳  男性

乳がんランキング

1画像:医知恵 乳がん

医知恵 乳がん

乳癌の症状と種類 - 発生部位やしこり、痛みなどの自覚症状を知る

9人の医師が評価
4.56
2画像:国立がん研究センター がん情報サービス

国立がん研究センター がん情報サービス

乳がん 基礎知識:[国立がん研究センター がん情報サービス]

16人の医師が評価
4.44
3画像:東京ミッドタウンクリニック

東京ミッドタウンクリニック

乳がんとは

18人の医師が評価
4.28

疾患カテゴリ