脳梗塞ランキング 1

国立循環器病研究センター 脳梗塞が起こったら

17人の医師が評価
4.53
pt

最新評価日 

facebookfacebookfacebookfacebook
画像:国立循環器病研究センター
評価対象のページへ行くopen_in_new

本サイトにおいて紹介されるウェブサイトの利用にあたっては、
お客様自身の責任と判断でご利用ください。

[ 評価対象サイト運営 : 国立循環器病研究センター ]

項目別評価集計

「信頼できる情報もしくは情報源が記載されている」

100%
0%

「内容が一般の方にとってわかりやすい」

100%
0%

「医学的に間違いなく学会ガイドラインに沿っている」

100%
0%

「情報量が豊富である」

100%
0%

「広告表示時は、情報と混同しない表示がされている」

88%
12%

医師によるレビュー(5件)

救急対応とその先は分けて書くべき

急性期の症状と慢性期の合併症について並列に書かれてしまっておりその点でインパクトが弱まっている。急性期、病院に来るまでの対応が大変重要なのでそこにポイントを絞って書き、入院以後は別ページとした方が良い。

内科 50歳  男性

イラストもありわかりやすい

一般向けに、信頼できる情報がわかりやすくが記載されている。特に項目を分けて見やすいレイアウトとなっている。CTやMRIなどは医療者にはわかりやすいが、一般向けには一部わかりにくいかもしれない。治療方法についても医学的に重要な間違いが記載されておらず、学会のガイドラインに沿っている。関連するリンクも表示されており親切に思う。

脳外科 43歳  男性

FASTの普及が必要

有名なセンターのHPであるため、アクセスも多く、患者説明にも利用する。また、患者家族が自ら持参してきて、勉強していることもある。脳梗塞について、急性期から慢性期までもれなく記載されており、一般人が脳梗塞を知るには有効である。

脳外科 51歳  男性

まず見てほしい内容

実際に脳梗塞が疑わしい症状が出た際にすぐに役立つような内容が、適切なイラスト・図などと伴に提示されており、非常に理解しやすい内容となっており。高度な内容をわかりやすく説明してあり、症状が出現した際にはまず見てほしいページとなっている。

内科 58歳  男性

さすがの内容

さすが国立循環器病センターといったところで、豊富な情報を、しかも一般の方にも分かりやすい構成で(マンガで症状を示したポスターも掲載)、イラストもふんだんに交えながら構成されていて素晴らしいと思います。また減塩食のリンクなどもあり、一般の方だけでなく、医療者も患者さんに説明するうえでありがたい内容となっております。

内科 30歳  男性

脳梗塞ランキング

1画像:国立循環器病研究センター

国立循環器病研究センター

脳梗塞が起こったら

延べ17人の医師が評価
4.53
2画像:脳神経外科疾患情報ページ

脳神経外科疾患情報ページ

脳梗塞

延べ19人の医師が評価
4.47
3画像:町田市民病院

町田市民病院

脳梗塞

延べ27人の医師が評価
4.11

疾患カテゴリ