脳梗塞ランキング 4

Wikipedia 脳梗塞

19人の医師が評価
4.05
pt

最新評価日 

facebookfacebookfacebookfacebook
画像:Wikipedia
評価対象のページへ行くopen_in_new

本サイトにおいて紹介されるウェブサイトの利用にあたっては、
お客様自身の責任と判断でご利用ください。

[ 評価対象サイト運営 : Wikipedia ]

項目別評価集計

「信頼できる情報もしくは情報源が記載されている」

89%
11%

「内容が一般の方にとってわかりやすい」

58%
42%

「医学的に間違いなく学会ガイドラインに沿っている」

84%
16%

「情報量が豊富である」

95%
5%

「広告表示時は、情報と混同しない表示がされている」

68%
32%

医師によるレビュー(6件)

さすがウィキペディア

医師がウィキペディアで調べるようになったらお終いなどと言われることもありますが、やはりさすがの情報量だと思います。画像なども添付されているので分かりやすいと思います。ただ、一般の方の中でとくに、基礎知識が全くない方が読まれるとすると、少し難しいかと思います。CT画像添付の他に、機序の項目でシェーマなどがあった方がいいかもしれません。

内科 30歳  男性

百科事典としては合格の記述だが

大変教科書的な記述。実数、医療費の負担割合についても書かれており、コメディカルの方々が参考にするには大変充実した内容である。一方、一般市民が閲覧した場合分かりにくいと思われる箇所があり、その点で若干親切でない。

内科 50歳  男性

正確な記事

正確な記事と思います。しかし、医師が見れば十分納得する内容なのですが一般の方には取付きにくいかなと思います。各種治療法に関するエビデンスのグレードの記載がなされており分かりやすいと思う反面、グレードの意味する実際の内容が患者さんには正確には理解できないでしょう。

脳外科 53歳  男性

詳細な記載

一般向けに、信頼できる情報がわかりやすく記載されている。特に項目を分けて見やすいレイアウトとなっている。治療方法についても医学的に重要な間違いが記載されておらず、学会のガイドラインに沿っている。関連するリンクも表示されており親切に思う。リンクも豊富。

脳外科 43歳  男性

情報量は多い

wikipediaなので、細かい内容も記載する必要があるからだろうか、必要な情報は記されている。文献や出典にもリンクできるが、一般の高齢患者がどの程度利用できるか、不明である。神経内科の鑑別疾患は、医療従事者であれば必要な内容であるが、どの程度有用であるか?

脳外科 51歳  男性

かなり高度な内容

脳梗塞について、適切な病型分類や治療を含めた豊富な情報が記載されている。特に病態面では、CADASIL7などのかなり高度な内容も含まれており、一般のみならず研修医や非専門医レベルでも十分に役立つ内容となっている。

内科 58歳  男性

脳梗塞ランキング

1画像:国立循環器病研究センター

国立循環器病研究センター

脳梗塞が起こったら

17人の医師が評価
4.53
2画像:脳神経外科疾患情報ページ

脳神経外科疾患情報ページ

脳梗塞

19人の医師が評価
4.47
3画像:町田市民病院

町田市民病院

脳梗塞

27人の医師が評価
4.11

疾患カテゴリ