薬物依存ランキング 1

公益社団法人 日本精神神経学会 松本俊彦先生に「薬物依存症」を訊く|公益社団法人 日本精神神経学会

26人の医師が評価
4.42
pt

最新評価日 

facebookfacebookfacebookfacebook
画像:公益社団法人 日本精神神経学会
評価対象のページへ行くopen_in_new

本サイトにおいて紹介されるウェブサイトの利用にあたっては、
お客様自身の責任と判断でご利用ください。

[ 評価対象サイト運営 : 公益社団法人 日本精神神経学会 ]

項目別評価集計

「信頼できる情報もしくは情報源が記載されている」

96%
4%

「内容が一般の方にとってわかりやすい」

81%
19%

「医学的に間違いなく学会ガイドラインに沿っている」

100%
0%

「情報量が豊富である」

88%
12%

「広告表示時は、情報と混同しない表示がされている」

96%
4%

医師によるレビュー(7件)

薬物依存への対応

薬物依存の定義から始まり、薬物依存の実態、治療の困難さ、家族の対応の心得など、非常にわかりやすく記載されています。特に、入院すれば何とかなると思っている家族がしばしば見られるなど、実際の臨床でも良く遭遇する事態についても記載されており、医療従事者が見ても参考になる内容だと思います。

精神・神経科 48歳  男性

まとまっている

実際、多くの薬物依存症の人が何度も薬物をやめています。数日単位、あるいは数時間単位で。難しいのは、「やめること」ではなく、「やめ続けること」です。そして、薬物をやめ続けるために、治療プログラムなどのメンテナンスが必要となります。
まさに治療の根幹だと思いました。わかりやすいが、実行することは難しい。

精神・神経科 43歳  男性

説得力がある文章

米国の州立刑務所の下りはN数が記載されていなかったり、そもそもプログラムに乗れるような対象者はモチベーションからして違う群なので無差別割り付けのようなエビデンスの高さは見込めないという部分はさておき、家族への助言など一般の当事者、当事者家族には有用な情報があることで評価が非常に高い。

精神・神経科 35歳  男性

信頼の持てる内容だと思いました

全体的に少し長いとは思いましたが、正確にわかりやすく伝えようと思うと致し方ないかと思いました。
薬物依存を理解するために必要な情報が記載されており、疑問に答える形で書かれているので、一般の人にも読みやすく書かれていると思います。欲をいえば、本文を視覚的に理解できるような図があると良いのかなと思いました。

精神・神経科 42歳  女性

安心する表記

日本精神神経学会がいつも使用している色とフォントで記事が作成されており、自分が慣れているせいか、全体の印象として安心します。記事の信頼性に関しても、この表記だけで「高い信頼性」を感じます。フォントは小さいので、一般の方が読むのにはすこし読みにくさを感じるかもしれません。文書でも1段落の情報が多いので、読みにくさを感じる人がいるかもしれません。個人的には、日本精神神経学会の記事なので、これくらいの固い印象がある記事のほうが良いとは思います。

精神・神経科 50歳  男性

学会記事にふさわしい

学会がふさわしいと依頼した専門家が、わかりやすく丁寧に書いている。学会のHPゆえ、専門家が読むと思われるが、専門家にとってもわかりやすく、患者さんへの教育指導に役立つ内容である。そして一般の方もこれをよめば、病気をよく理解し、患者当事者やその家族であれば、治療意欲を持てる内容になっている。

精神・神経科 57歳  男性

具体的でわかりやすい

一般の方向けにわかりやすくQ&A形式で記載されています。薬物依存症は治るといえるのか?、刑罰は薬物依存症からの回復に役立つのか?、本人が治療を受けたがらない場合はどうしたらよいのか?、など聞きたい情報が分かりやすくまとめられています。一読をお勧めします。

精神・神経科 55歳  男性

薬物依存ランキング

1画像:公益社団法人 日本精神神経学会

公益社団法人 日本精神神経学会

松本俊彦先生に「薬物依存症」を訊く|公益社団法人 日本精神神経学会

26人の医師が評価
4.42
2画像:厚生労働省

厚生労働省

薬物依存症|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省

24人の医師が評価
4.12
3画像:特定非営利活動法人アスク

特定非営利活動法人アスク

薬物依存症って何?|特定非営利活動法人アスク

25人の医師が評価
3.96

疾患カテゴリ