薬物依存ランキング 2

厚生労働省 薬物依存症|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省

24人の医師が評価
4.12
pt

最新評価日 

facebookfacebookfacebookfacebook
画像:厚生労働省
評価対象のページへ行くopen_in_new

本サイトにおいて紹介されるウェブサイトの利用にあたっては、
お客様自身の責任と判断でご利用ください。

[ 評価対象サイト運営 : 厚生労働省 ]

項目別評価集計

「信頼できる情報もしくは情報源が記載されている」

100%
0%

「内容が一般の方にとってわかりやすい」

58%
42%

「医学的に間違いなく学会ガイドラインに沿っている」

96%
4%

「情報量が豊富である」

88%
12%

「広告表示時は、情報と混同しない表示がされている」

100%
0%

医師によるレビュー(4件)

少し古い

2009年調査による結果は、有機溶剤で1.9%、大麻で1.4%、覚せい剤で0.3%、MDMAで0.2%であり、コカインとヘロインは統計誤差内でした。
とあります。もう少し新しい調査結果を載せてもらいたいと思いました。

精神・神経科 43歳  男性

タイトルだけでリンクしているのは読みにくい

タイトルのみで、リンク先に本題が飛ぶのはアンケートと同様の表記であり、医療系記事としては読みにくい印象をうけるかもしれません。先の国立精神神経センターホームページとはまったく逆の表現方法を使用されており、センターのホームページでは1画面の情報が多くありましたが、同センターのほうが一見した時の信頼性は高いという印象をもちました。

精神・神経科 50歳  男性

学びのためにいい内容

疾患の概要を、項目ごとに整理してわかりやすく記載されている。医療系の学生、また実務者が読んで疾患を理解するのに適切なサイトである。実際、冷静、客観的かつ中立的で、疾患を理解するうえでは適当である。これは「みんなのメンタルヘルス」サイト全般に共通し、医療系の学生の副読本的な役割を果たせる。

精神・神経科 57歳  男性

過不足なく記述されている

薬物依存症とは、患者数について、原因・発症の要因、薬物依存症の症状・経過、治療法等について、時に図を交えながら、簡潔にわかりやすく記載してあります。精神依存、身体依存などの語句の説明に関しても非常にわかりやすいです。

精神・神経科 55歳  男性

薬物依存ランキング

1画像:公益社団法人 日本精神神経学会

公益社団法人 日本精神神経学会

松本俊彦先生に「薬物依存症」を訊く|公益社団法人 日本精神神経学会

26人の医師が評価
4.42
2画像:厚生労働省

厚生労働省

薬物依存症|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省

24人の医師が評価
4.12
3画像:特定非営利活動法人アスク

特定非営利活動法人アスク

薬物依存症って何?|特定非営利活動法人アスク

25人の医師が評価
3.96

疾患カテゴリ