薬物依存ランキング 4

薬物アルコール依存症リハビリセンター 薬物依存症とは? | 薬物・アルコール依存症リハビリセンター GAIA

26人の医師が評価
3.88
pt

最新評価日 

facebookfacebookfacebookfacebook
画像:薬物アルコール依存症リハビリセンター
評価対象のページへ行くopen_in_new

本サイトにおいて紹介されるウェブサイトの利用にあたっては、
お客様自身の責任と判断でご利用ください。

項目別評価集計

「信頼できる情報もしくは情報源が記載されている」

88%
12%

「内容が一般の方にとってわかりやすい」

88%
12%

「医学的に間違いなく学会ガイドラインに沿っている」

77%
23%

「情報量が豊富である」

88%
12%

「広告表示時は、情報と混同しない表示がされている」

88%
12%

医師によるレビュー(5件)

よく啓発している。

薬物依存症に関心を持つ方、あるいは自ら当事者で、何とか立ち直るきっかけを探しているような方、あるいは当事者の家族など、関係する方々が読んで理解するのにふさわしい内容が書かれている。わかりやすく、決して難しい概念を用いず、しかし厳密な内容が書かれており、読んだ当事者なら、立ち直ろうという動機づけを持てる内容である。

精神・神経科 57歳  男性

良くできているが

乱用と依存の違いを分かりやすく説明した文章であり,一般向けには大変わかりやすい文章です ただ,「渇望を抑える医薬品」について,文章では,薬物に加え,アルコールについても,渇望を抑える医薬品が存在しないと,読めなくもないので,やや誤解を招くかもしれません また,DSM-5では,乱用も依存も使用障害という用語に統一されているため,ややup-to-dateとまでは言えないかもしれません ですので4点としました

精神・神経科 43歳  男性

体験談

沢山の体験談が載っています。
体験談を読んでみるのが、興味深いと思いました。
また、電話無料相談のページ、メールでの相談なども充実している様子です。
疑り深くなっている当事者も多いので、いいのではないのでしょうか?

精神・神経科 43歳  男性

家族、本人向け

全体的に家族、本人向けで、イメージしやすいエピソードが主体の文章になっている。他方、そういった層向けとしては図や挿絵の使用が少ない。過度なイメージ付けを避けた結果なのかもしれないが。おそらく家族は治療意欲があるので完読できるが、当事者にはこの文章を読むだけの忍耐力を要求できないと思われる。

精神・神経科 35歳  男性

記述が具体的でわかりやすい

薬物依存、乱用、精神依存、身体依存など専門用語が、具体例を交えながら大変わかりやすく解説されていると思います。初めて薬物依存に関する記事を読まれた方でも、すんなりと理解できるのではないでしょうか?おすすめです。

精神・神経科 55歳  男性

薬物依存ランキング

1画像:公益社団法人 日本精神神経学会

公益社団法人 日本精神神経学会

松本俊彦先生に「薬物依存症」を訊く|公益社団法人 日本精神神経学会

26人の医師が評価
4.42
2画像:厚生労働省

厚生労働省

薬物依存症|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省

24人の医師が評価
4.12
3画像:特定非営利活動法人アスク

特定非営利活動法人アスク

薬物依存症って何?|特定非営利活動法人アスク

25人の医師が評価
3.96

疾患カテゴリ