薬物依存ランキング 5

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 薬物依存症外来|国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 病院

23人の医師が評価
3.87
pt

最新評価日 

facebookfacebookfacebookfacebook
画像:国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
評価対象のページへ行くopen_in_new

本サイトにおいて紹介されるウェブサイトの利用にあたっては、
お客様自身の責任と判断でご利用ください。

項目別評価集計

「信頼できる情報もしくは情報源が記載されている」

96%
4%

「内容が一般の方にとってわかりやすい」

65%
35%

「医学的に間違いなく学会ガイドラインに沿っている」

100%
0%

「情報量が豊富である」

65%
35%

「広告表示時は、情報と混同しない表示がされている」

91%
9%

医師によるレビュー(4件)

外来受診患者さんのために

このセンターの病院の外来を受診される患者さんのためのサイトである。疾患について全般的に書かれているわけではない。おそらく一般精神科の病院や診療所から、この病院の薬物依存症外来治療プログラムに参加するために受診される方に、前提として知っていただくために書かれたページである。

精神・神経科 57歳  男性

外来受診をお考えの方へ

薬物依存に関して受診を希望しておられるご本人、ご家族のためのサイトだと思います。「薬物依存症はれっきとした精神医学的障害です。決して意志が弱いからでも反省が足りないからでもありません。」という文言が、受診の契機になるとよいと思いました。

精神・神経科 55歳  男性

これまでのHPより読みやすい

これまで精神神経センター記事に比してかなり読みやすい印象をもちました。フォント自体は小さいのですが、全体に使用されている色が好印象で、読みすすめやすく、表現自体に信頼性を感じます。記事内容もかなり理解しやすい内容で記載されており、安心できます。一般クリニックであれは、もっと余白を含める等の工夫をする必要がありますが、精神神経センターであれば、これくらいの固い表現(色等)のほうが、信頼を持たれると思います。

精神・神経科 50歳  男性

認知療法

薬物依存症に対する集団精神療法がメインのようで、入院治療については個別対応の様ですね。
「薬物依存症に対する認知行動療法の開発と効果に関する研究」「覚せい剤依存症患者におけるイフェンプロジルの効果検討とfMRIを基点としたバイオマーカーの開発」を行っております。
とのことで、そこに協力できる患者さまがいいのでしょう。

精神・神経科 43歳  男性

薬物依存ランキング

1画像:公益社団法人 日本精神神経学会

公益社団法人 日本精神神経学会

松本俊彦先生に「薬物依存症」を訊く|公益社団法人 日本精神神経学会

26人の医師が評価
4.42
2画像:厚生労働省

厚生労働省

薬物依存症|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省

24人の医師が評価
4.12
3画像:特定非営利活動法人アスク

特定非営利活動法人アスク

薬物依存症って何?|特定非営利活動法人アスク

25人の医師が評価
3.96

疾患カテゴリ