高血圧ランキング 3

Wikipedia 高血圧

24人の医師が評価
4.00
pt

最新評価日 

facebookfacebookfacebookfacebook
画像:Wikipedia
評価対象のページへ行くopen_in_new

本サイトにおいて紹介されるウェブサイトの利用にあたっては、
お客様自身の責任と判断でご利用ください。

[ 評価対象サイト運営 : Wikipedia ]

項目別評価集計

「信頼できる情報もしくは情報源が記載されている」

71%
29%

「内容が一般の方にとってわかりやすい」

58%
42%

「医学的に間違いなく学会ガイドラインに沿っている」

67%
33%

「情報量が豊富である」

92%
8%

「広告表示時は、情報と混同しない表示がされている」

83%
17%

医師によるレビュー(8件)

高血圧に関して詳細に記載

 高血圧症に関して原因から治療に関して詳細に記載されています。図などあればさらに分かりやすいと思いますが、Wikipediaであるので仕方ない面もあるのかと思います。間違っている部分はほとんどないと思います。

内科 吉岡啓先生 39歳  男性

まずまず

Wikipediaはいずれもそうであるが、一般の方の中でも専門的な情報を求める方がみるサイトであり、情報量がかなり多くなる。そのような情報を求める方には良いのではないと思うが、万人受けはしないと思われる。

内科 44歳  男性

あれ?免責事項は・・・?

Wikipediaの医学系の記事には「百科事典なので情報はあくまでも参考程度。医療に関することは専門家の指示に従え」という旨のテンプレートが冒頭にあるものと思っていましたが、この項目にはありませんね。社会的影響を大変気にするWikipediaにしては大変珍しいことだと思います。管理者の方々はどういう意見をお持ちなのでしょうか。

内科 50歳  男性

盛りだくさんの内容

Wikipediaにしてはかなりのヴォリュームがあり、盛りだくさんの内容となっておる。生理学的側面や、種々の合併症、実際の治療や療養についても十分な記載があり、参考文献も充実している。一般の方がまず見るページとしては、十分な内容となっている。

内科 58歳  男性

見慣れているので意外とわかりやすい

見慣れたページ構成なのでかなり専門的な内容もすっと頭に入ってくる。内容は専門的な内容も入っており、専門家が読んでも勉強になるちょっとした教科書。学生がコピペしてレポートに使いたくなるのもよく分かる。一般向けの内容ではない。

内科 49歳  男性

大変よくまとまっている

Wikipedia、という超有名サイトの、高血圧、というページである。レイアウト、内容、情報量、リファレンス、いずれも素晴らしい出来である。Wikipediaの他の医療系ページと比べると、情報量が多く、専門家以外にはやや理解が難しい部分があるかもしれないが、高血圧というテーマなので仕方のないことかもしれない。単語をポイントするとポップアップで説明が読める点はwebならではの利点であり、このようなちょっとした工夫からもWikipediaの素晴らしさが理解できる。

内科 47歳  男性

情報量はかなり多い

二次性高血圧についても詳しく記載されており、良いと思います。日本高血圧学会高血圧治療ガイドラインに基づいて記載されていて、医学的根拠がしっかり示されていると思います。図やグラフなども適度に使用されていてわかりやすいと思います。一般の方でも理解できる平易な言葉も使われていると思います。情報量がかなり多いという印象でした。

内科 39歳  女性

高血圧

高血圧学会によって作成されたガイドラインの分類や降圧目標について、詳しく要領よくまとめられている。また、合併症や治療方法についても、詳しく書かれている。二次性高血圧についても記載されていると、より良いと思います。

内科 34歳  男性

高血圧ランキング

1画像:国立循環器病研究センター

国立循環器病研究センター

高血圧治療の最新事情

24人の医師が評価
4.38
2画像:生活習慣病オンライン

生活習慣病オンライン

高血圧の診断基準と降圧目標値

23人の医師が評価
4.17
3画像:Wikipedia

Wikipedia

高血圧

24人の医師が評価
4.00

疾患カテゴリ