低体温症ランキング 3

日本山岳救助機構 低体温症 | jRO 日本山岳救助機構合同会社

44人の医師が評価
3.77
pt

最新評価日 

facebookfacebookfacebookfacebook
画像:日本山岳救助機構
評価対象のページへ行くopen_in_new

本サイトにおいて紹介されるウェブサイトの利用にあたっては、
お客様自身の責任と判断でご利用ください。

項目別評価集計

「信頼できる情報もしくは情報源が記載されている」

84%
16%

「内容が一般の方にとってわかりやすい」

89%
11%

「医学的に間違いなく学会ガイドラインに沿っている」

70%
30%

「情報量が豊富である」

66%
34%

「広告表示時は、情報と混同しない表示がされている」

89%
11%

医師によるレビュー(2件)

山岳での低体温症対策に関して

体温別に症状が記載されており、その他に低体温症の症状が現われた際の対策に関しても記載されており参考になります。「温かい飲み物を飲ませるのもいい。ただし、アルコール類やカフェインの入った飲料は血管を収縮・拡張させる作用があるので与えてはならない。また、入浴や 暖房などで急激に温めるのも厳禁。抹消組織の循環が再開して冷たい血液が身体の深部へと流れ込むと、体幹の温度が下がって死亡してしまうこともあるからだ。」この点に関しては山岳だけに限らず、日常生活においても低体温症を災害などにより発症しても大切なことだと思いました。

内科 吉岡啓先生 39歳  男性

分かりやすい

分かりやすい内容で、症状や対応策などに関しても具体的に記述されており、読みやすい内容になっていると思います。一方で、表が一つ掲載されているものの、もう少し図表があった方が(例えば対応策の記述武運など)、さらに分かりやすくなるのではないでしょうか。

内科 54歳  男性

低体温症ランキング

1画像:テルモ体温研究所

テルモ体温研究所

低体温症について|子どもの低体温|体温と生活リズム|テルモ体温研究所

44人の医師が評価
4.11
2画像:The MSD Manuals

The MSD Manuals

低体温症 - 25. 外傷と中毒 - MSDマニュアル家庭版 - The MSD Manuals

44人の医師が評価
4.00
3画像:日本山岳救助機構

日本山岳救助機構

低体温症 | jRO 日本山岳救助機構合同会社

44人の医師が評価
3.77

疾患カテゴリ