川崎病ランキング 4

Wikipedia 川崎病

10人の医師が評価
3.70
pt

最新評価日 

facebookfacebookfacebookfacebook
画像:Wikipedia
評価対象のページへ行くopen_in_new

本サイトにおいて紹介されるウェブサイトの利用にあたっては、
お客様自身の責任と判断でご利用ください。

[ 評価対象サイト運営 : Wikipedia ]

項目別評価集計

「信頼できる情報もしくは情報源が記載されている」

80%
20%

「内容が一般の方にとってわかりやすい」

50%
50%

「医学的に間違いなく学会ガイドラインに沿っている」

80%
20%

「情報量が豊富である」

80%
20%

「広告表示時は、情報と混同しない表示がされている」

100%
0%

医師によるレビュー(2件)

診断困難例の存在について触れている

「5つに満たない非典型例も多い。発熱、発赤、リンパ節腫脹などは乳幼児期のウイルス感染症でも極一般的に認める症状であり、確定診断には困難を伴う。主要症状には含まれていないが、乾癬様皮疹[10]、麻痺性イレウス、低アルブミン血症、BCG接種部位の発赤・痂皮形成などは留意すべき所見とされる」と記載されており、診断基準はあるものの全てが基準を満たすことでstraightforwardに診断に至るわけではないことを知らしめている点が良い!

内科 46歳  男性

大変よくまとまっている

Wikipedia、という超有名サイトの、川崎病、というページである。Wikipediaの他の医療系ページと同様、レイアウト、内容、情報量、リファレンス、写真、といずれも素晴らしい。またこの疾患の発見者である川崎先生の来歴についても紹介があり、より読みやすいものとなっている。単語をポイントするとポップアップで説明が読める点はwebならではの利点であり、このようなちょっとした工夫からもWikipediaの素晴らしさが理解できる。

内科 47歳  男性

川崎病ランキング

1画像:国立循環器病研究センター

国立循環器病研究センター

川崎病のはなし

9人の医師が評価
4.44
2画像:国立成育医療研究センター

国立成育医療研究センター

川崎病

10人の医師が評価
4.00
3画像:小児リウマチ性疾患に関する情報

小児リウマチ性疾患に関する情報

川崎病

9人の医師が評価
3.78

疾患カテゴリ