おたふくかぜランキング 5

Know VPD! おたふくかぜ(流行性耳下腺炎) - Know VPD!

20人の医師が評価
4.10
pt

最新評価日 

facebookfacebookfacebookfacebook
画像:Know VPD!
評価対象のページへ行くopen_in_new

本サイトにおいて紹介されるウェブサイトの利用にあたっては、
お客様自身の責任と判断でご利用ください。

[ 評価対象サイト運営 : 特定非営利活動法人 VPDを知って、子どもを守ろうの会 ]

項目別評価集計

「信頼できる情報もしくは情報源が記載されている」

75%
25%

「内容が一般の方にとってわかりやすい」

95%
5%

「医学的に間違いなく学会ガイドラインに沿っている」

80%
20%

「情報量が豊富である」

75%
25%

「広告表示時は、情報と混同しない表示がされている」

90%
10%

医師によるレビュー(6件)

ワクチンの重要性をもっと記載しては?

ワクチンが複数回接種するべきという記載は納得できます。このワクチンは実臨床においては陽転率が非常に低い印象があるのですが、つきにくいワクチンという点をもっとアピールして、2回・3回の接種をした方がいいと言うのは前面に出してほしいです。

小児科 岡川浩人先生 52歳  男性

参考になる

おたふくかぜについてはポピュラーな割にワクチンの重要性についておざなりになっている。特に難聴や睾丸への侵襲による無精子症の発生などについてはあまり啓蒙されていない。このシリーズではその点まで取り上げているので参考になると思う。

小児科 80歳  男性

予防接種の重要性についての記載です

病気全般というよりも、予防接種の重要性をうたっている記事です。<br/>もちろん、内容には同意できます。<br/>病気についての記載が少ないので、リンクで飛ぶようになっていると良いのではないでしょうか。<br/>回数も1回しかうっていない人も多いので、2回が標準と書かれているのは良いと思います。<br/>

小児科 50歳  男性

ワクチンの必要性をしる入門編

内容はかなり簡潔にまとめられています。ワクチンで予防する啓蒙サイトのため、ワクチンの必要性について理解する入門編としてはいいと思います。ただ、流行性耳下腺について知りたいと思う人にはちょっと物足りないでしょう。

小児科 戸田克先生 52歳  男性

ワクチンとムンプスウイルス

ムンプスウイルス感染症は治療対応が困難な疾病であるがゆえに大変予防が大切だと考えます。そういった意味でワクチン供給者による啓もうが最も大切と思います。一般の方にこれらのメッセージが伝わるように工夫して作られているHPですので、大変有意義かつこれからも発展してほしいと思いました。

小児科 40歳  男性

ワクチンを打ちましょう

内容はあっさりしていますが、ワクチンを勧めるサイトなので、ワクチンを打った方がよいということは十分伝わるかと思います。<br/>後遺症として起こりうる難聴の話も太字で書かれており、十分に注意喚起されていると思います。

小児科 32歳  女性

おたふくかぜランキング

1画像:国立感染症研究所

国立感染症研究所

流行性耳下腺炎(ムンプス、おたふくかぜ) - 国立感染症研究所

23人の医師が評価
4.22
2画像:MSD

MSD

ムンプス(おたふくかぜ) - 23. 小児の健康上の問題 - MSDマニュアル家庭版

19人の医師が評価
4.21
3画像:MEDLEY(メドレー

MEDLEY(メドレー

流行性耳下腺炎(おたふく風邪) - 基礎知識(症状・原因・治療など) | MEDLEY(メドレー)

14人の医師が評価
4.14

疾患カテゴリ